Simplicity2からCocoonへの移行

こちらのサイトではCocoonを使用しています。

使いやすさとカスタマイズしやすさ、クォリティの高さ、内部SEOなどの利点などが多数あり、その上 無料で提供して頂け、詳しい設置マニュアルも公開されています。

今までダンナのサイトはSimplicity2だったのでCocoonへの移行を行ってみました。

Simplicity2とCocoonは同じ作者わいひらサンhttps://twitter.com/MrYhiraの作成したWordPressテーマです。

841studio
841studio

変えてみたらサイト内部壊れてたらどーしよう・・・

841studio
841studio

設定が大変じゃないだろうか・・・

などの不安をかかえつつ着手致しました(;’∀’)

①Cocoonテーマのダウンロード

まずは下記よりテーマをダウンロード

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

親テーマと子テーマ両方をダウンロードして子テーマを有効にしてください。

子テーマというのは親テーマと組み合わせて使用する専用のテーマです。親テーマであるCocoonを直接カスタマイズしてしまうと、テーマのアップデートが行われた場合にカスタマイズした内容が消えてしまいます。カスタマイズは子テーマの方にしておけば、親テーマであるCocoonがアップデートされても内容に影響が出ません。

内容が壊れる場合もありますので、下記の方のサイトを参考にさせて頂きました。有難うございましたm(_ _)m↓

WordPressテーマ変更手順まとめ!注意点・エラー対処法・事前準備・プラグインのテスト方法
こんにちは!何も考えずSimplicityからCocoonにWordPressテーマを変更しちゃったはまちゃん(@wakuwakukeigo)です。この記事は、 この記事を読むべき人 SimplicityからCocoonにワードプレステー
841studio
841studio

最初、自分はこちらの(↑)サイトをチェックせずに「テーマの適応」をしてしまい、焦りましたが取り合えずセーフでした…。

⓶テーマ移行後はじめにやること

Cocoonへ移行で、まず次の事をやりました。

  1. Simplicityの引き継ぎ
  2. ヘッダー画像の変更、グローバルメニューの修正
  3. フッターの調整
  4. Google Tag Manager IDの設定
  5. Google AnalyticsトラッキングIDの設定
  6. Google Search Console IDの設定
  7. ユーザのSNS情報登録
  8. SEOプラグインや要らないプラグインの削除

1.Simplicityの引き継ぎ

Cocoon設定>その他

Cocoon設定/その他

①下記画面の場所に☑を入れました。

②また、2つ上に「簡易SSL対応」とありますので、SimplicityでSSL仕様だったのでこちらにも☑を入れました。

③一番下まで下がって 「変更をまとめて保存」を行いました。

2.ヘッダー画像の変更 , グローバルメニューの修正

Cocoon設定>ヘッダー

Cocoon設定/ヘッダー

①「ヘッダーレイアウト」をセンターに設定。

②「ヘッダーロゴ」に png形式で保存したロゴを設定。

③「キャッチフレーズの配置」は ヘッダートップ(デフォルト)に設定。

④「ヘッダー背景画像」に画像を設定。

⑤「ヘッダー全体色」はヘッダー全体文字色だけ指定カラーを設定。

Cocoon設定/ヘッダー

⑥「グローバルナビメニュー色」をグローバルナビ色、文字色を共に指定カラーに設定(↑)

変更後は「変更をまとめて保存」を行いました。

3.フッターの調整

Cocoon設定>フッター

Cocoon設定/フッター

①フッターロゴが「未入力だとヘッダーロゴが出力されます。」との事で、ヘッダーロゴの大きさが横長で合わなかった為、上記のマークロゴを作成し設定しました。

②クレジット表記の内容を確認し☑選択して、変更後は「変更をまとめて保存」を行いました。

4.Google Tag Manager ID, 5.Google AnalyticsトラッキングID, 6. Google Search Console ID の設定

Cocoon設定>アクセス解析

Cocoon設定/アクセス解析・認証

4.Google Tag Manager IDの設定(わいひらサンのCocoonマニュアルより)

CocoonマニュアルGoogle Tag Manager IDの設定を参照しました。

5.Google AnalyticsトラッキングIDの設定(わいひらサンのCocoonマニュアルより)

CocoonマニュアルGoogle AnalyticsトラッキングIDの設定を参照しました。

6. Google Search Console IDの設定(わいひらサンのCocoonマニュアルより)

CocoonマニュアルGoogle Search Console IDの設定を参照しました。

7.ユーザのSNS情報登録

ユーザー>プロフィール

ユーザー/プロフィール

それぞれSNSアカウントを記入し、一番下まで下がって「プロフィールを更新」を行いました。

8.SEOプラグインや要らないプラグインの削除

目次が標準搭載されているのでTable of contents plusを削除しました。

テーマの中で内部SEO対策ができるためAll in One SEO Packを削除しました。

841studio
841studio

調べてて今更気づいたのですがAll in One SEO Packは重いとの事…これで操作が快適になるかもです。

「Cocoonで行っている内部SEO施策まとめ」わいひらサンのページ↓

Cocoonで行っている内部SEO施策まとめ
テーマ内で行っているSEO施策まとめです。まず、モバイルファーストで作成してあるため、100%レスポンシブデザインとなっています。HTML5、構造化データエラーもなしで、サイトの高速化機能も備えています。

参考LINK

わいひらサンのページ参照 ↓

Simplicityの投稿設定をCocoonで引き継いで利用する方法
Simplicityの投稿ページで設定していた「SEO設定」「広告設定」「AMP設定」を引き継ぐ機能を追加しました。その使い方の解説ページ。

細かく丁寧に説明があり大変参考になったページ ↓

Simplicity2からCocoon(コクーン)へ変更!使い方と10の初期設定作業【ワードプレス】
こんにちは!無料ワードプレステーマ「Simplicity2」&「Cocoon(コクーン)」を超おすすめしているはまちゃん(@wakuwakukeigo)です。この記事は、 この記事を読むべき人 ワードプレステーマ「Simplici

細かく丁寧に説明があり大変参考になったページ ↓

Simplicity2からCocoonへの移行の際に発生した不具合と解決方法
2019年7月1日、WordpressのテーマをSimplicity2からCocoonに変更しました。現在は、正常に運用できていますが、移行は決して簡単ではありませんでした。画面が真っ白となり、検索順位も一気に下がった為、Simplicit
841studio
841studio

ダンナにテーマ変更を伝えましたが、Cocoonの子テーマを使用する旨を伝えそびれていたため、ダンナが親テーマを有効にしてしまい、再度これらの設定をしなおす事になってしまいました…。

タイトルとURLをコピーしました